【声優インタビュー】小野寺麻理子「桃李もの言わざれど、下おのずから蹊を成す」




声優になろうと思った きっかけは?

子供のころはバレリーナにな りたいな、なんて思ってたんで すが、中学時代「ガンダム」を 見てからなんとなく声優さんに 憧れるようになったんです。高 校卒業の頃、たまたま友達が青 二塾という養成所が大阪にもあ るよって教えてくれて、受けて みたのがきっかけでした。

私のモットーと仕事上での課題

「桃李もの言わざれど、下おのずから蹊を成す」という言葉を 座右の銘にしています。つまり、 自分からは何も語らなくても、 その人の周りに自然と人が集ま ってくる、という魅力のある人 間、そんなふうに常に自分自身も輝いていたいなって思ってる んです。仕事上では、とにかく 与えられた役をつきつめていく ことを目標に頑張っていますが、 これは永遠の課題ですね。

最近の仕事振りと これからの抱負

「メタルファイターMIK U」のナナ役を戴いた時、私の 苦手なキャピキャピっとしたキ ャラクターだったんで、最初は 少し躊躇したんです。でもスタ ッフや共演者のみなさんの協力 もあって、ようやくなんとか形 になる演技ができるようになり ました。あとアニメージュさん でも連載されていた「プライベ ート・アイ・ドル」のゲームで、主 役のメイ・スター役をやらせて 戴きました。これは一人芝居のシーンが多かったのでとても苦労しましたけど、とても楽しか ったです。今後は是非ラジオ番 組にチャレンジしてみたいです ね。ラジオって、芝居とは違っ て自分自身を前面に出さなくち ゃいけないから大変だろうけど、 それだけにやりがいがあると思 うんです。ドラマや歌にもどん どん挑戦していきたいですね。

声優を目指す読者への メッセージ

声優の仕事はとても厳しくて 単に憧れだけじゃやっていけな い世界だと思います。でも、本 当にやりたいっていう思いがあ れば、絶対夢は叶います。みん な頑張って声優になって早く一 緒に仕事しましょう! 待って ますよ。

引用:ボイスアニメージュVol2

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

声LOG
Average rating:  
 0 reviews

関連する記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です